イニシャルギャラリー代表菊地一嘉

はじめまして
イニシャルギャラリー代表
菊地一嘉です

作家には創作活動も人生も
思いっきり楽しんでほしい。

その想いで、イニシャルギャラリーを
『アーティストキャリアの出発点』
としてサービスを続けてまいりました。

作家が生み出す作品には、
精神的に豊かにしてくれるパワーがあります。

私たちイニシャルギャラリーは、様々な支援サービスを通じて作品を世に出すチャンスを作り

1人でも多くの作家が日の目を浴びることができるよう
チャレンジしていきます。

アート塗り絵コレクション出版にあたって

アート塗り絵コレクション出版のきっかけ

ネット・SNSだけで紹介されている作家の作品をもっと世に広める機会はないのか。

ギャラリー・美術館という、"いかにもアートな空間だけ"で鑑賞することに違和感を感じています。

常々、アート好き以外にも届けられるよう、もっと身近なモノとして作品を紹介したいという想いがありました。

作家・作品を塗り絵で紹介することで、紹介による間接的な支援と印税による金銭的な支援を、ユーザーに楽しんでもらいながら両立できる。

塗り絵という媒体を通して、作家自身の作品が書店に並んでいると、作家のモチベーションも上がり、より良い作品が生まれる循環が作れそうだ。 その想いから『アート塗り絵コレクション』は始まりました。

SNS公募による企画

アート塗り絵コレクションは、SNS投稿による公募作品の中から23作品を掲載しています。

応募総数はなんと600作品にも及びました。

SNS投稿のみで行った初めての公募企画であったので、作品数が集まるか不安でしたが予想を遥かに上回るご応募をいただきました。

この場をお借りしてお礼申し上げます。

ご応募いただきました作品のごくごく一部しか掲載できないことを心苦しく思いますが、今後より一層多くの作家様・作品をご紹介できるよう努めてまいります。

売上を第2弾以降の資金として、支援を広げます

今回出版した『アート塗り絵コレクション~人物モチーフ編~』は出版企画の第1弾だと考えています。

今回の売り上げは掲載作家様への印税お支払い、第2弾以降への制作資金となります。

第2弾、第3弾と続けていくことで、作家の方々には作品作りのきっかけとしてもらい、自身の作品が本になって世に出ていくという体験を通して、成功の足掛かりにしてもらえればと思っています。

アート塗り絵コレクションは​
作家支援の『架け橋』となります。

 Amazonで購入する  楽天ブックスで購入する

アート塗り絵コレクション ​掲載作品紹介

「魔女」池田愛美

池田愛美 着彩原画 池田愛美 線画

魔女が鍋で薬を調合している様子を描きました。
グツグツと煮える鍋の変な生き物や、その様子を見つめる猫ちゃんなど、 隅々まで見てもらえれば色んな動植物が潜んでいる事が分かる、ちょっぴりユニークな線画に仕上げました。

池田愛美 アイコン

池田愛美

愛知県生まれ ゲーム会社、IT企業を経て現在フリーのデザイナー。
細密画を中心に、デジタルアナログ問わず幅広く活動中。

【書籍掲載/List of publications】
2021
飾れるアート塗り絵『アート塗り絵コレクション』〜人物モチーフ編〜 作品掲載

肌の着色ができるまで

着彩工程1-2

1.作品をPhotoshopにスキャン

スキャンした状態 (左図) ではあまりに味気ないので、まずは線画を少し調整することから始めます。

着彩工程3

2.水彩風にブラシを作成

今回は水彩風にすることにしました。水彩は滲みや、水分を多めに含ませ塗って乾かすと内側より外側の方が濃くなりフチのような線ができるのが特徴です。これを踏まえて、Photoshopのブラシを水彩風にカスタマイズします。

着彩工程4

3.頬や唇に赤みを付ける

作成したブラシを使い、肌の色を明るくしたかったのでベースカラーを白に、その上に頬や唇に赤みを付けていきます。

着彩工程5-6

4.水彩画のテクスチャを用意し合成しながら肌を着色。完成へ

水彩画のテクスチャを用意し (左図) 、合成モードを試しながら複数枚重ねていきます。次にハイライトを入れて肌は完成しました。 (右図) ほかのパーツも同様に繰り返します。最後に調整レイヤーで全体の色味コントラストを調整します。 基本的にブラシとテクスチャの併用です。


「食べ歩き」Jay

Jay 着彩原画 Jay 線画

街歩きの醍醐味「食べ歩き」をテーマに描きました。 ごちゃごちゃした街並の一角、屋台エリアを満喫している人たちと一緒に楽しんで塗っていただければ幸いです。

	Jay アイコン

Jay

日本デザイン専門学校 卒業 東京在住。 広告代理店を退職後フリーランスのイラストレーター/デザイナーとして活動中。

【展覧会/Exhibitions】
2020
「cells-illustration-vol.19 受賞展」(東京アートラボ/蒲田)
「cells-illustration-vol.19」(デザインフェスタギャラリー/原宿)

【書籍掲載/List of publications】
2021
飾れるアート塗り絵『アート塗り絵コレクション』〜人物モチーフ編〜 作品掲載

制作メイキング動画


個性あふれる24名の作品を掲載

作品紹介_70m

new season

70m(naomi)

作品紹介_HARUNE

海底

HARUNE

作品紹介_ぱせりかほ

スイーツの園

ぱせりかほ

作品紹介_中村ちか

ひみつの集まり

中村 ちか

作品紹介_池田愛美

魔女

池田 愛美

作品紹介_Moriy

夜会

Moriy

作品紹介_Ren Siwen

ギャル復活

Ren Siwen

作品紹介_nanashi

月夜のショータイム

nanashi

作品紹介_PurpleBoots

記憶の綴り手

PurpleBoots

作品紹介_Yamaho

幻想

Yamaho

作品紹介_模様デザイナーmaya

生命力

模様デザイナーmaya

作品紹介_NEeRO

Reborn

NEeRO

作品紹介_たかおかあい

うちにおいで。

たかおか あい

作品紹介_トマトコ

True strength

トマトコ

作品紹介_林不一

春の装い

林 不一

作品紹介_彩童

Who am I ?

彩童

作品紹介_ズナ

とりどり

ズナ

作品紹介_hanako

再逢

hanako

作品紹介_Chacanity

Four horses metaphor

(四馬の譬喩)

Chacanity

作品紹介_けだまり

R.I.P.

けだまり

作品紹介_kikki

わたしの中のあたたかな情熱

kikki

作品紹介_Hitomi Nakajima

昆蟲少女

Hitomi Nakajima

作品紹介_BIGDTYPE

First class Architect

BIGDTYPE

作品紹介_Jay

食べ歩き

Jay

アート塗り絵コレクションは​
作家支援の『架け橋』となります。

 Amazonで購入する  楽天ブックスで購入する

掲載作家インタビュー

Hitomi Nakajima
昆蟲少女 着彩原画 昆蟲少女 線画

「 昆蟲少女 」
作者:Hitomi Nakajima

Q.「昆蟲少女」作品のテーマについて教えてください

人も自然の一部として生きる以上、私たちのどのような活動も周りの環境に何らかの変化をもたらし、他の生き物と複雑に絡み合う生態系と無関係でいる事はできません。

私たちは今、地球の周期的な気候変動や自身の活動による周囲への影響から別種の生き物や自分たちの置かれた環境を理解する必要性にかられています。

しかし、自分の意識を保ったまま体を入れ替える事でもできないかぎり本当の意味で他者を理解する事は困難を極めます。
それでも人として、多角的なものの見かた、他者の視点(立場)に立って考えてみる事の大切さを感じて「共感性empathy(エンパシー)」を題材として制作に取り組みました。

今回描いた少女は妖精ではありません。
作品のタイトルにもある通り「昆虫」に変容した「人間の少女」です。
もし、自分の意識をそのままに異種の生物になることができたなら…色…形…匂い…空気…
今まで全く知りえなかった新しい世界が見えてくるのでしょう。


kikki
わたしの中のあたたかな情熱 着彩原画 わたしの中のあたたかな情熱 線画

「わたしの中のあたたかな情熱」
作者:kikki

Q.kikkiさんの作品は、人物が多く描かれていてますが、人物を題材とされているきっかけなどありましたら教えてください。

昔から漫画が大好きでよく見ていたので、女の子を描くことが多かったです。

好きなキャラクターを描いたり、友達とも描き合いっこしたりしていました。
それと、小さい頃はとても大人しかったので、こんな風になったらいいなという願望や、自分の中の気持ちや想いなどを絵に描いていたような気がします。
人として生きているので、人を描くことが一番自分の中で自然だったのかなと思います。

Q.見る人がワクワク楽しくなるよう元気な作品を今後もたくさん描いていただきたいなと思います。今後、作家活動で挑戦したいことはありますか?

今後も、自分が思う大切なことを絵を通して伝えていけたらいいですし、絵本や漫画、デジタルやデザインなどなど、いろいろな表現の仕方にも挑戦していきたいです。


NEeRO
Reborn 着彩原画 Reborn 線画

「Reborn」
作者:NEeRO

Q.作品のテーマについて教えてください。

本作『Reborn』は生命をテーマにしています。
どんな色を塗るかによって作品の印象は随分と変わることから、線画に新たな命が吹き込まれるというイメージをしました。
生命の生まれる瑞々しさや力強さを、華やかに描きました。生命の躍動感も意識しているので、その辺りも感じながら塗っていただけると嬉しいです。

Q.着彩は色鉛筆を使用されていますが、塗っていない部分が光り輝いているように見えます。着彩する際のコツなど教えてください。

色鮮やかに、かつ繊細さを出す為に光沢を意識して着彩しています。
光が当たる部分は色を塗らず、紙の白色を活かして表現します。
またきっぱりと色が分かれすぎないように、グラデーションを用いてゆったりとした色の変化を付けるようにしています。


アート塗り絵コレクションは
​作家支援の『架け橋』となります。

 Amazonで購入する  楽天ブックスで購入する

アート塗り絵コレクションの魅力

アート塗り絵コレクション編集長より
本塗り絵の特徴、愉しみ方をご紹介いたします

編集者イメージ

編集長

斉藤静江

吹き出し

塗って愉しむ

アート塗り絵コレクションは、24名の個性豊かな作家による、多様な作品を塗り絵にしました。

精密に色を付けたり、広い範囲をグラデーションで塗ったりと、自分で手を加えてアレンジを愉しむことができます。

巻頭には画材・基本技法の紹介、各作品の着彩見本が載っているので、普段塗り絵を愉しむことがない方でも、安心して塗り絵に取り組むことができるようになっています。

飾って愉しむ

ご自身で着彩した、オリジナル作品を塗り絵本から切り離して飾ることができます。

壁にピンでとめるもよし、額に入れて飾ってもよしと着彩後もアート作品として愉しんでみてください。

24点の作品が掲載されているので、月替わりで飾ってみるのもいいですね。

コレクションして愉しむ

塗り絵として愉しむのはもちろん、コレクションとして眺めているだけでも発見がありとても愉しめます。

さらに、掲載作品の原画販売も行っております。

お気に入りの作品がありましたらお手元にお迎えしてみてください!

編集のこだわり

デジタル・手描きでの作品が混在しているので、線を塗り絵に適した幅に調整したり、原画と色味を近づけて印刷することにこだわりました。
作品ごと着想やコンセプト、着彩方法などの"作家コメント"がありますので、じっくり読んで塗り絵を愉しんでいただけると嬉しいです。

塗り絵イメージ 塗り絵イメージ 塗り絵イメージ 塗り絵イメージ 塗り絵イメージ 塗り絵イメージ

製品情報

アート塗り絵コレクション

定価1,650円(本体1,500円+税)
A4判/並製/62頁
ISBN 978-4-9911614-0-7

アート塗り絵コレクション
~人物モチーフ編~

イニシャルギャラリーが厳選した新人有望作家24名による、個性豊かな描き下ろし塗り絵ブック。

「人物」をモチーフに様々なジャンル、技法で作家が描いた着彩見本を全作品掲載。

色鉛筆や水彩絵の具、好きな画材道具で、自由に色を塗って自分だけのオリジナル作品に仕上げられます。切り取り線付きで、塗った後は額にいれて飾って愉しめる一冊です。

塗り絵イメージ1 塗り絵イメージ2 塗り絵イメージ3 塗り絵イメージ4