【美術館】豊田市美術館、名古屋市美術館、ヤマザキマザック美術館、伊勢現代美術館 2022月04月03日 美術館ナビ

美術館ナビ


豊田市美術館

 

1995年オープンし、2019年リニューアルした近現代美術館です。美術館建築で有名な谷口吉生の設計による建物は、モスグリーンのスレートが美しく乳白色のガラスも映えるお洒落な外観をしており、またピーター・ウォーカーの設計による庭園も見応えがあります。国内外の近現代、20世紀からの美術、デザイン、1990年以降の日本の現代美術作品まで所蔵しています。企画展も現代美術を中心に力を入れています。併設された髙橋節郎館では漆芸家・髙橋節郎の作品を展示しています。

住所: 愛知県豊田市小坂本町8丁目5−1
URL: https://www.museum.toyota.aichi.jp/

名古屋市美術館

地元に縁のある作家の作品からモディリアーニの「おさげ髪の少女」を始めとするエコール・ド・パリ、現代美術まで幅広く約6,300点を所蔵しています。名古屋市がメキシコシティと姉妹都市であることから珍しいメキシコ・ルネサンスのコレクションがあるのも特徴です。約3万冊の美術関連図書を所蔵している図書館もあります。 1988年に都心の大きな白川公園内にオープンした建物は、地元出身の黒川紀章が設計したすっきりしながらもモダンな造りで馴染みやすく、市民に親しまれるイベントも多数行っています。

住所: 愛知県名古屋市中区栄2丁目17−25
URL: http://www.art-museum.city.nagoya.jp/

ヤマザキマザック美術館

工作機械メーカー・ヤマザキマザック(株)の山崎照幸が「美術工芸品も工作機械と同様、優れた感性の結晶で高度な技術とセンスが融合された世界」として収集した作品を基盤に、2010年にオープンしました。ロココの時代から新古典主義、ロマン主義、写実主義、印象派、エコール・ド・パリなど18世紀から20世紀にかけて約300年のフランス美術の流れのわかる絵画作品、さらにアール・ヌーヴォーのガラス工芸品、家具なども所蔵しています。展示作品にはアクリル板などを外し、作者の筆遣いまで見えやすくしています。        

住所:  愛知県名古屋市東区葵1丁目19−30
URL: http://www.mazak-art.com/

伊勢現代美術館

伊勢志摩国立公園内、五ヶ所湾を望む郊外にある2003年、オープンした現代美術館です。小規模ながら約300点を所蔵して白亜の洋館のような建物の1階で企画展、2階では若手作家の作品を展示しています。別館「彫刻館宇空」では、庭園に彫刻作品を展示してあり自然の中で静かに現代美術を堪能できます。 展示室の貸し出しや新人発掘など若手作家の支援も積極的に取り組んでいます。絶景の海を楽しめるカフェ&ガーデンだけでも勧めたくなるスポットになっています。

住所: 三重県度会郡南伊勢町五ヶ所浦102−8
URL: https://www.ise-muse.com/

goTop