【美術館】川崎市岡本太郎美術館、光と緑の美術館、ポーラ 美術館、箱根ガラスの森美術館 2022月03月29日 美術館ナビ

美術館ナビ


川崎市岡本太郎美術館

川崎市が縁のある岡本太郎から寄贈された資料及び作品1,779点を所蔵展示している1999年にオープンした市立美術館です。自然豊かな生田緑地内にあるためコンセプトの「自然と融合した美術館」に基づき、地上には「母の塔」やカフェテリア、池、滝などにより公園的役割を担っていて美術館のほとんどは地下にあります。芸術から得られる感動を伝えるために斬新な展示の概念を持っていて、常設展示室は体験型展示空間として作品に見合った展示室が設計され、手で触ることもできます。 

住所: 神奈川県川崎市多摩区枡形7丁目1−5
URL: http://www.taromuseum.jp/

光と緑の美術館

相模原土地開発(株)及びゼストテニスクラブ代表の鈴木正彦が、1994年にオープンした相模原市内初の個人美術館です。当初の収蔵品は数十点規模の日本画だけでしたが、現在ではイタリアの近現代美術を中心にしています。企画展ではイタリアの現代美術や現代日本人作家の紹介などを行なっています。基本理念は「木々の緑や陽の光、この小さな美術館もそんな存在でありたい」であり、人が生きる上で芸術も必要不可欠なものだと感じてもらうべく展示や各種イベント活動をしています。

住所: 神奈川県相模原市中央区横山3丁目6−18
URL: http://www.hm-museum.com/

ポーラ 美術館

ポーラ・オルビスグループの元オーナーのコレクションを収蔵して2002年、オープンした箱根の自然に包まれた美術館です。モネ、ルノワールなど印象派、エコール・ド・パリ、ピカソ、カンディンスキーなどの20世紀の絵画までの西洋絵画を中心に展示しています。他に日本画、版画、東洋陶磁器、ガラス工芸、またポーラらしく珍しい世界の化粧道具などもあり総数は約1万点に及びます。自然環境を館内に取り込むためのガラス張りの開放的な建物はその評価も高いです。

住所: 神奈川県足柄下郡箱根町仙石原1285
URL: https://www.polamuseum.or.jp/

箱根ガラスの森美術館

ヴェネチアン・グラス美術館と現代ガラス美術館の2つで構成されています。ヴェネチアン・グラス美術館は「ヴェネチアの貴族の館」をモチーフにしていて豪華絢爛な内装や調度類のある別世界のような展示室にクラシカルなヴェネチアン・ガラス約100点を展示、現代ガラス美術館では19世紀後半のモダンな作品を展示しています。「ガラスの体験工房」では、ガラスに模様を付ける工程などの体験もできます。非日常的な一日を過ごすのにも人気のある美術館です。

住所: 神奈川県足柄下郡箱根町仙石原940−48
URL: http://hakone-garasunomori.jp/

goTop